五反田のウェブ&グラフィックデザインスタジオ:コスミックエンジンの社長ブログ

無目的に走り続ける人々-設立記念日に思う- メイン スランプ

読書ブーム継続中

writer meijin writer 2010年11月30日 22:08

自分史上、未曾有の読書ブームは続いています。

少なくとも、大学時代の4年間分よりも多くの本を読んでいると思われます。
学生時分は建築系の本とかデザイン史とかの本が好きでしたね。今でも一部が事務所の書棚にあります。若い頃は読書が下手で、1冊読むのに異常に時間が掛かったし集中力が持たなかったから、あまり多読はできなかったんですよね。今は随分ラクに読めるようになったと思います。基礎的な知識が増えたせいでしょうか。

会社の若い連中を指導していて、思うことがあります。
基礎的な知識量が足りないと、表面的な事象にとらわれがちになるということです。例えば一つのタスクをこなすにあたり、二人の異なる上司に別々の内容で指示を受けるなど、二つの異なる行動規範が競合するような場合、短絡的な結論を出したり思考停止に陥ってしまうことがあります。規範や規律(言われたこと)をベースに行動をしていると、自己に決定権が無いので、ダブルバインドの状態になった場合に自己の存在が消えてしまうのです。

行動規範や規律というのは、「何故そうなるのか」「何故それが必要なのか」を考えることから出発しているはずです。
出発点を見ずに結論としての行動だけを取っていると、違う解釈に出会った時に理解が出来ず、短絡や思考停止を引き起こします。
「何故」を考えていれば自己の裁量が増えるので、そのような事態を回避できるのですが、基礎的な知識を増やしていくことも、これの助けになります。

読書でも、同じ分野の本を何冊か読んでいると、後半は格段に読みやすくなってきます。最初は一語一語が初見で意味がわからなかったものが、徐々につながりをもって認識されるようになるからです。

なので、若手の指導で「何故わからないんだ!」とイラつくことも正直ありますが、最近は少しずつ周辺知識を増やしてあげられるように考えています。

さて、僕はというと・・・ここしばらくは、環境系の本を固めて読んでいました。環境とエネルギーの分野は、今後も注目ですね。でも、ストックしておいた分は読み終えたので、一旦終了。

今はまた、金融・経済の方に戻りました。
金融の入門書は以前にも読みましたが、もう一冊別の著者のを読んでいて、読了間近です。
次は、個人的に楽しみにしていた「ゲーム理論」の入門書です。行動経済学関連は3冊買ってあるので、それを読み終えたら経済政策の本・・・途中に息抜きに別の分野を入れるかもしれませんが、年内にここまでは行きたいですね。

経済学の勉強本格的にやる必要は僕には無いし、学生みたいに試験やレポート提出があるわけでもないので、今のところは気楽なお勉強です。でも、経営にも企画にもデザインにも応用が利くというのは、ちょっとしたヒミツですね。

あと折角お勉強したので、実は中小企業診断士の試験受けよっかなーとか、ちょっと思ってたりします。

コメントを投稿

これまでコメントしたことがない場合は、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になります。承認されるまでコメントは表示されません。




このエントリーのトラックバックURL:
http://cosmicengine.jp/mtbase/mt-tb.cgi/245

2010年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
staffs blog search

tag recent diary category archives feed powerd_by
Google