五反田のウェブ&グラフィックデザインスタジオ:コスミックエンジンの社長ブログ

身に付く習慣、身に付かない習慣 メイン 【書評】武器なき“環境”戦争

【書評】地球環境報告〈2〉

writer meijin writer 2010年11月18日 00:17

地球環境報告〈2〉
石 弘之 (著)
出版社: 岩波書店 (1998/12)
発売日: 1998/12

スマートグリッドへの興味からはじまって、環境経済学を経由し、地球環境問題にたどり着きました。
地球の環境破壊が深刻化していることは、断片的な情報として少しは知っていたようにも思うけど、一冊の本として読むとなかなかインパクトがあります。

水資源、森林資源、温暖化の進行によって失われるもの・・さまざまな危機が、この本では報告されています。
ただ、惨状が生々しく描かれているのですが、文章がとても素敵なのでグイグイ読み進めることができます。良書と思います。

ふと自分自身の現状に立ち返ってみれば、会社の経営なんかして、日頃は目先の経済ばかりを気にしているけども、資源枯渇が石油やレアメタルだけじゃないってことを再認識しました。

事業は事業という割り切りが必要な場面もあるでしょうが、この本を読むと到底そんなことを手放しに言ってはいけない気がヒシヒシとしてきます。
日本は平和、経済的にも豊かで、環境の危機を身近に感じることがないけれども、これからグローバルに危機的状況が広がっていく状況には注意を払う必要があります。

将来の世代に何を残していけるのか、また、事業の中で環境に貢献できることがあるのか、真剣に考えさせられる一冊です。

コメントを投稿

これまでコメントしたことがない場合は、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になります。承認されるまでコメントは表示されません。




このエントリーのトラックバックURL:
http://cosmicengine.jp/mtbase/mt-tb.cgi/237

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
staffs blog search

tag recent diary category archives feed powerd_by
Google