五反田のウェブ&グラフィックデザインスタジオ:コスミックエンジンの社長ブログ

2010年11月 アーカイブ

2010年10月 メイン 2010年12月

山ごもりたい

writer meijin writer 2010.11.01

先月末の忙しさが抜けて、読書熱がリバウンド気味に。 取引先の方の勧めもあって、スマートグリッド-環境経済関連を立て続けに読んでいます。 丁度良いタイミングでスマートグリッドジャパンもあったので、色々なことを関連づけながら読み進めています。 今、この分野は非常に面白いです。 続きを読む»

オバマ・ショック

writer meijin writer 2010.11.04

今朝の米議会のニュース、ショックでした。 確かに、アメリカの国内情勢としてはそういう動きになるのも理解できますが・・・ なにせ「グリーンニューディール」の推進力に関わる問題なので、僕にとっては大きな問題です。 僕はまだ「グリーンニューディール」には時間投資しかしていませんが、こうした「投資」に世界情勢の把握がいかに重要かを痛感しました。 続きを読む»

おっと、ペースが戻らん

writer meijin writer 2010.11.08

思えば去年もそうだったけど、9月頃から仕事のペースの乱れから、今月はちょっと仕事を抱えがちになっているな、と。 抱えがちってのは、ついつい制作の仕事を自分が担当してしまうという意味で。自分のデザイナーモードが色濃くなるこの時期に陥りがちな罠だなぁ・・・  続きを読む»

環境問題

writer meijin writer 2010.11.09

スマートグリッドから出発して、今は環境経済学やら環境問題の本を読んでいます。 環境経済学は、当たり前ながら細かいところは経済学のお話しなので、あんまり自分には関係ないのだけど、経済学のモデルの中にさまざまな外部要素を入れて考えるというところが面白い。 以前、中小企業診断士の参考書で経済学を少しかじったのだけど、そのときはサッパリわからなかったのが、若干わかるようになってきたのは自分が進化したところかな。 環境系の読書が一段落したら、次は経済学を少し勉強しようかと思っています。 続きを読む»

知らないから怖い

writer meijin writer 2010.11.11

日経新聞は10日、11日と自由貿易関連の話題が1面に。 非関税障壁なる言葉をはじめて知ったのだけど、量的規制や製品規格に基準を設けるなどで輸入を制限することらしい。 各産業の実情を細かに知っているわけではないから、とても感覚的なことしか言えないのだけど、グローバルな市場メカニズムに日本の市場を組み込んでいくのは良いことのように思う。 反対の立場を取る人は、その先にある可能性を知ろうとしないから怖い怖いと言っているだけだと思う。今、足下にあることしか見えない人には「恐怖」に思えることでも、現実を知ってしまえば対策のしようもある。 続きを読む»

最近、息子が幼稚園に行きたがらない件について

writer meijin writer 2010.11.12

このところ、僕が朝出かけるまでは息子が家から出たがらない。幼稚園にも行きたくないという。でも、連れて行けば嬉しそうに遊んでいるから、多分僕と一緒に居たいからだろう。土日はなるべく一緒に居るようにしているんだけど、やっぱり息子と接する時間が少ない平日に不安定になる。できれば早く帰って遊んであげたい。。。 続きを読む»

身に付く習慣、身に付かない習慣

writer meijin writer 2010.11.16

ちょっとの手間で、大きなメリットが得られるものは身に付く。 大変な手間で、小さなメリットしか得られないものは身に付かない。 単純な話だけど、仕事の質を向上させていくためには、小さなメリットしか得られなくてもならなきゃならないものもある。これにインセンティブを持たせるのは、ちょっとした工夫が必要だなぁ。 続きを読む»

【書評】地球環境報告〈2〉

writer meijin writer 2010.11.18

スマートグリッドへの興味からはじまって、環境経済学を経由し、地球環境問題にたどり着きました。 地球の環境破壊が深刻化していることは、断片的な情報として少しは知っていたようにも思うけど、一冊の本として読むとなかなかインパクトがあります。 続きを読む»

【書評】武器なき“環境”戦争

writer meijin writer 2010.11.18

CO2排出権取引をめぐる国際的な枠組み、政治的な思惑、そしてメディアリテラシーについて、NHK出身の両氏が「わかりやすく」+「鋭く」解説していて、なかなか面白く読めました。 特に「インテリジェンス」については、金融での覇権を失ったイギリスが、カーボン通貨で再び覇権を狙っている・・・など、新たな視点が提供されていて、とても参考になりましたね。 ここでいう「インテリジェンス」は、手島氏曰く 続きを読む»

【書評】入門 環境経済学—環境問題解決へのアプローチ

writer meijin writer 2010.11.19

CO2による温暖化問題はもちろん、NOx、SOxのような有害物質、ゴミとゴミ処理場不足、交通渋滞が引き起こす環境的・経済的損失など、環境と社会の問題を経済学的に解決しようというアプローチが非常に面白い。 前半は経済学的な話が多いので若干読みづらいのですが、細かな部分は読み飛ばして概念だけ理解すれば良いのではないでしょうか。 続きを読む»

APEV(電気自動車普及協議会)賛助会員になりました

writer meijin writer 2010.11.22

先日から、何度かブログでも話題にしている「スマートグリッドジャパン」でのセッションで、電気自動車についてとても興味深いプレゼンテーションがありました。 今、日本で電気自動車といえば、情報の早いヒトは三菱のPHV(プラグインハイブリッド)「i-MiEV」あるいはアメリカのテスラあたりを思い浮かべるでしょうか。普通でもプリウスやインサイト以降次々と発表されているハイブリッド車はCM等でご存じでしょう。 続きを読む»

延々と続く日常の中で

writer meijin writer 2010.11.25

目の前の物事を対象にしていると、日々変化を感じられることは少ない。でも、視点を遠... 続きを読む»

無目的に走り続ける人々-設立記念日に思う-

writer meijin writer 2010.11.26

最近、「目的」を考えずに「方法」だけで動いているヒトやコトが多いんじゃないか?ということが気になっています。 企画一つ取っても、大雑把に言えば「ウェブでのコミュニケーション」とか「ソーシャルメディアへの参加」とか色々とお話しをいただくのですが、その目的が判然としないものが多いのです。他でこんなコトやっているから真似したいというだけでしかない。 会議一つ取っても、目的を確認しないまま表現方法の話ばかりという、行き先を見据えないままにその場の話だけが進行しているという状況が往々にしてあります。 これでは、良いものが生まれる訳がないです。もし生まれたとしたら、偶然の産物でしかないですね。 続きを読む»

読書ブーム継続中

writer meijin writer 2010.11.30

自分史上、未曾有の読書ブームは続いています。 少なくとも、大学時代の4年間分よりも多くの本を読んでいると思われます。 学生時分は建築系の本とかデザイン史とかの本が好きでしたね。今でも一部が事務所の書棚にありますけど、あの頃は読書が下手で、1冊読むのに異常に時間が掛かったし集中力が持たなかったから、あまり多読はできなかったんですよね。 続きを読む»

2010年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
staffs blog search

tag recent diary category archives feed powerd_by
Google